検索

 

クレジットカードの暗証番号は、どのような番号を登録すればよいか?

ICチップを搭載した「ICクレジットカード」でのショッピングの際、契約確認・本人確認のためにクレジットカードの暗証番号が必要となります。また、CD機(現金自動引出機)・ATM機(現金自動出納機)でのキャッシング(短期のお借入れ)時にも利用します。

盗難・紛失してしまったクレジットカードが悪用されることがありますが、その多くは暗証番号が推測されてしまったことが原因です。

忘れないからと言って、生年月日や電話番号などを暗証番号に設定し、これらが記された証明書類等と一緒に盗難・紛失した場合、クレジットカードを悪用しようとする人に、安易に暗証番号を推測される材料を与えてしまうことになります。

推測された暗証番号で、盗難・紛失したクレジットカードが使用されてしまった場合、原則、盗難・紛失時の保険は適用されず、契約者本人が支払わなければなりません。

暗証番号は、非常に重要なものですので、自分にとって忘れない番号で、かつ、他人にはわかりにくいものを選びましょう。

暗証番号の登録・管理について

クレジットカードの暗証番号は、どのような番号を登録すればよいか?

ページトップへ