• 一般社団法人日本クレジット協会

検索

 

銀行協会職員、百貨店社員、警察官などと名乗り、クレジットカードやキャッシュカード等を騙し取る事案にご注意ください

銀行協会職員、百貨店社員、警察官などと名乗り、クレジットカードやキャッシュカード等を騙し取る事案にご注意ください

最近、銀行協会職員、百貨店社員、警察官などと名乗り、消費者からクレジットカードやキャッシュカード、現金等を騙し取る事案が全国で多発しています。ご注意ください。

具体的には下記のような事案が発生しています。(例)

  1. 百貨店社員や警察官などを名乗る男から「詐欺の被害に遭っているかもしれない」「カードを止める手続きをする」などとうその電話があり、自宅に訪れた銀行協会職員を名乗る男にキャッシュカードとクレジットカードを手渡し、暗証番号を教えてしまった。
  2. 銀行協会職員や百貨店社員、警察官を装った男から、「あなたのキャッシュカードを使って買い物をしようとした人がいる」「あなたの個人情報が漏れている」と不安をあおり、「より安全性の高いカードに交換した方がいい」と持ちかけられ、暗証番号を教えてしまった。さらに「古いカードを回収する」と告げられて、家を訪れた男にキャッシュカードを渡してしまった。

☆銀行協会職員、百貨店社員、警察官等が、電話や訪問によりお客さまの暗証番号をお伺いしたり、クレジットカードやキャッシュカードをお預かりするようなことは一切ありません。

※全国銀行協会や日本百貨店協会でも、ホームページで注意喚起しています。
全国銀行協会銀行協会職員等になりすましてキャッシュカードや現金をだまし取る詐欺にご注意ください。
日本百貨店協会百貨店社員を名乗る不審な電話にご注意ください。

※関連の注意喚起
日本クレジット協会、会員、クレジットカードの国際ブランドを騙っての情報詐取にご注意ください

「お願いとご注意」一覧へ戻る

ページトップへ