カードの管理責任について

クレジットカードは他人に貸してはいけません

クレジットカードは、クレジット会社の審査を受けて、「クレジットカード会員」として認められた人にしか発行されません。
発行されたクレジットカードを利用できるのは、「会員」だけです。たとえ家族といえども、他人に貸したり、他人から借りたりすることはできません。
他人にクレジットカードを貸してしまった場合、借りた人がカードを利用した代金の請求は、カードを貸した「会員」にきます。そしてこの代金は、カードの本来の利用者である「会員」が支払わなければなりません。
クレジット会社各社のカード会員規約には、クレジットカードを他人に対し、貸与、譲渡、預託、寄託、質入、担保提供等することを禁じる旨が記されています。
規約に違反した場合には、支払い責任を問われるだけでなく、カード会員契約を取り消されることがあります。

貸与・譲渡の禁止

ページトップへ