利用明細の確認について

毎月の利用明細は必ず確認しましょう

クレジットカードを利用すると、後日クレジット会社から「利用明細」が送られてきます。利用明細は、クレジットカードの利用内容を確認するためのもので、「利用年月日」「利用場所」「利用金額」「支払額」などが記載されています(最近では、郵送以外にもWEBやアプリで確認できるものもあります。)。
利用明細が送られてきたら、クレジットカードを利用したときのお店で受け取った「売上票(伝票)」やネットショッピングで利用した控えなどとつき合わせて内容の確認をしましょう。万が一、売上票(伝票)などと違う利用があったり、覚えのない利用が記載されている場合には、その旨をすぐにクレジット会社に連絡しましょう。

利用明細のチェックポイント

ご利用代金明細書

※クリックで拡大できます。

支払日(口座振替日等)と金額です。この日の前日までに、口座残高を支払金額以上にしておきましょう。
ショッピング利用可能枠は、全ての支払いの利用可能枠、割賦枠は、その内「リボ払い、分割払い、ボーナス払い、2回払い」の利用可能枠です。利用可能枠を超えての利用はできませんので、把握しておきましょう。
※お金を借りるキャッシング枠のないカードもあります。
利用日、利用場所、金額、支払方法などの明細です。金額など間違いがないか伝票の控えと照らし合わせましょう。
リボルピング払いの明細です。先月までの残高、今月の利用額、支払後の残高、手数料などを確認しましょう。
リボルピング払いの残高です。この残高に対し手数料がかかりますので、リボ払いを利用する際は毎月確認しましょう。
毎月の支払いの他に繰上返済(一部・全部)で残高を減らすこともできます。
分割払いの明細です。月々の支払金額、支払期間、支払残高などを確認しましょう。

※用語については法律で指定されている用語ではなく、わかりやすい表現に変えて表記しています。

ページトップへ