消費者の皆様へ

クレジットカード業界ではクレジットカードのセキュリティの向上に取組んでおり、決済手続きの一部が変更、または追加されます。
また、クレジットカード会社やクレジットカード取扱加盟店では、消費者の皆様がクレジットカードのセキュリティ対策の取組を認識・識別いただけるよう「見える化」に取組んでいます。

(1)店舗取引

IC取引とは

カード情報を暗号化して格納した、ICチップが付いたカードを、加盟店に設置されたICチップ読み取り機能をもったカード決済端末に挿入し処理する取引です。
このため、磁気ストライプ取引のようにカード情報を盗み取るスキミング被害は発生しません。

IC取引による本人確認では、従来の売上表へのサインではなく、暗証番号の入力を行います。
暗証番号の入力は、非常に簡単です。
店頭にIC取引用端末がありますので、店員の指示にしたがって、そこに表示された金額を確認し、4桁の番号を入力し、最後に「確定」(実行)ボタンを押すだけです。
なお、暗証番号がわからない場合の対応は、こちらをご参照ください。
※カード利用者の利便性の観点から、少額決済に限り、本人確認を行わず(暗証番号入力が不要)取引を認めている加盟店もあります。

カード発行会社は、磁気ストライプカードから、偽装防止効果の高いICカードへ切り替えを行っています。ICカードに搭載されているICチップは偽造が事実上不可能とされています。
お手持ちのカードの切替時期については、各カード会社にお問い合わせください。

磁気ストライプカードからICカードへの変更
IC取引

※カードの券面にシール等を貼ると端末内部に詰まり、故障の原因となる可能性がありますのでご注意ください。

(参考)ICカードの「見える化」への取組

IC対応加盟店では下記のデザインマークを提出し、
クレジットカード取引のセキュリティ対策の取組に係る「見える化」に努めています。

ICクレジットカード取扱い店のマーク

(2)インターネット取引

カード番号・有効期限に加え、追加情報の入力が必要になります。

追加情報は、それぞれのインターネット加盟店により異なりますが、

パスワード(3Dセキュア)
セキュリティコード

等が代表的なものです。

追加情報をカード会社が照合することにより、カード会員ご本人が取引を行っていること、または使用されるカードが真正なものであることを確認します。
なお、ここでいうパスワードは、店舗取引で入力する暗証番号(4桁)とは異なり、インターネット取引専用のパスワードです。詳しくは、こちらをご参照ください。
また、パスワードの入力の場合は、申込画面とは異なる画面で入力します。これまでよりお手数がかかりますが、ご理解ください。

パスワードの入力追加(例)

パスワードの入力追加(例)

セキュリティコードの入力追加(例)

セキュリティコードの入力追加(例)

インターネット加盟店等では、Webサイト等でクレジットカードのセキュリティ対策の取組について自己宣言し、「見える化」に努めています。

(3)セキュリティ対策における注意点

▲暗証番号・パスワードの管理について

店舗取引における暗証番号の照合及びインターネット取引におけるパスワードの照合は、他人に知られないかぎり極めて安全性の高い本人確認方法です。他方、従来のサインと違い、管理にあたって注意いただきたい点がいくつかあります。

①店舗取引において

暗証番号がわからないときは・・・・

暗証番号がわからないときは、お持ちのカードの発行会社(カード裏面に記載)にお問い合わせください。確認及び変更することができます。

店舗取引での暗証番号は、カード入会時に必ず設定されます。入会時に暗証番号を指定した覚えがない場合、カード会社が任意の番号を設定している可能性があります。
暗証番号を規定回数以上間違えて入力すると、クレジットカードのご利用ができなくなります。
暗証番号は他人に教えない・・・・

安全・安心にクレジットカードをご利用いただくために、暗証番号の設定や取扱いには十分ご注意ください。

暗証番号を他人に教えないでください。
生年月日や電話番号等推測されやすい暗証番号は設定できません。
暗証番号をカード裏面のサインパネルにメモしておいたり、ふせんに書いて貼り付けたりすることは、厳禁です。

②インターネット取引において

インターネット取引で使うパスワードは、店舗取引の暗証番号と違って、あらかじめ設定されているものではありません。
このため、設定を希望されるお客様は、カード会社に個別に登録申請をする必要があります。

インターネット取引で使うパスワードのカード会社への登録は、各カード会社のホームページをご参照ください。
(参考)
インターネット加盟店における会員登録のためのパスワード管理の注意点
・インターネット加盟店の会員登録に使用するID・パスワードは複数のインターネット加盟店で同一のものを使用しない。詳細はこちら

お客様自らがカード情報を
漏えいしないためのご注意

カード会社や加盟店、金融機関、警察等の機関であっても、お客様の暗証番号・パスワードをお伺いすることは絶対にありません。

○電子メールでのお問い合わせ
 悪意のある第三者が、実在する銀行やカード会社等を装ったメールやSMSを送信し、本物そっくりに作られた偽のWebサイトに誘導した上で、クレジットカード番号・有効期限等の個人情報を入力させて盗もうとする詐欺(フィッシング詐欺)が流行っています。
 重要な個人情報をメールで入力を求められることはありません。万一、このようなメールを受信した場合、それはフィッシングメールである可能性があります。決してこのようなメールへ返信したり、記載のURLをクリックしてリンク先へログイン等をなさらないようご注意ください。  
詳細はこちら

○電話でのお問い合わせ
 カード会社やご利用加盟店が電話で暗証番号・パスワードをお伺いすることはありません。そのような電話は詐欺です。絶対に口頭でお伝えしないようお願いします。

▲カード会員ご本人の利用であることの確認について

カード会社では、不正利用を防止するため、カード会員のご利用状況や加盟店での取扱い状況等を確認しています。不正利用の疑いのある場合につきましては、取引を拒否したり、または取引を一時保留し、カード会員ご本人のご利用であることの確認をいたします。クレジットカードを安全・安心にお使いいただくための取組になりますので、ご理解ください。

確認事項(例)
カード会員ご本人の利用確認をする際には、下記の事項等を電話等で伺うことがございます。

  • ・カード会員の電話番号
  • ・カード会員の生年月日
  • ・その他カード会員と特定できるような内容

ページトップへ