IC対応マーク

クレジットカードのIC対応・暗証番号の認知度向上のためのマーク・デザイン

消費者の皆さまに、ICクレジットカードがご利用できるお店であることを識別・認識いただくための「見える化」を目的としたマーク・デザイン、また、IC取引の必要性やその特徴をご理解いただくためのIC取引啓発デザインを掲載しています。
下表の使用基準をご参照いただき、ご使用くださいますようお願いいたします。

1.マーク・デザイン 使用基準

IC対応・暗証番号の認知度向上
共通シンボルマーク
IC対応デザイン IC取引啓発デザイン
① デザイン
② 使用条件

● シンボルマークは、日本クレジット協会が商標登録出願中です。

● IC対応の「見える化」に係る周知活動、または暗証番号の認知度向上に係る周知活動を目的として使用するものとする。

● 使用にあたっては、目的の範囲内であれば特段の使用許可は必要とせず、自由に使用できるものとする。

● IC対応の「見える化」に係る周知活動を目的として使用するものとする。

● 使用にあたっては、目的の範囲内であれば特段の使用許可は必要とせず、自由に使用できるものとする。

③ 使用者

● 日本クレジット協会及び協会加盟の会員会社

● IC対応加盟店、IC対応の「見える化」に係る周知活動に賛同するクレジットカード関連団体及びその傘下企業

● 暗証番号の認知度向上に係る周知活動に賛同するカード発行関連団体及びその傘下企業

● 日本クレジット協会及び協会加盟の会員会社

● IC対応加盟店、IC対応の「見える化」に係る周知活動に賛同するクレジットカード関連団体及びその傘下企業

④ 表示方法

● IC対応加盟店は、シンボルマークに加え、加盟店名、クレジットカードのIC取引に係る独自のキャッチコピー等を表示することができるものとする。

● カード会社(イシュアー)は、シンボルマークに加え、カード会社(イシュアー)名、所属団体名、暗証番号の認知度向上のための独自のキャッチコピー等を表示することができるものとする。

● 表示するシンボルマークは色指定に基づく4色を基本とする。ただし、色指定に基づく1色とすることができるものとする。

● シンボルマークの表示位置は、使用する媒体に合わせて、使用者が自由に表示できるものとする。

● シンボルマーク以外の箇所はデザインを変更できるものとし、シンボルマークに加え、IC対応加盟店名、クレジットカードのIC取引に係る独自のキャッチコピー等を表示することができるものとする。

● シンボルマークの箇所は色指定に基づく4色を基本とする。ただし、色指定に基づく1色とすることができるものとする。

● デザインの表示位置は、使用する媒体に合わせて、使用者が自由に表示できるものとする。

● デザインの表示位置は、使用する媒体に合わせて、使用者が自由に表示できるものとする。

⑤ 配布方法

● 日本クレジット協会のホームページにマークのデータ・デザインを掲載し、使用者がダウンロードするものとする。

⑥ 使用期限等

● 現時点においては、使用期限は設けていない。ただし、使用を中止する場合や使用条件の変更等については、日本クレジット協会のホームページ等において告知を行うものとする。

⑦ その他

● 日本クレジット協会は、目的に反する使用や、記載内容が好ましくないと判断した場合には、使用の中止を求めることができるものとし、使用中止を要請された場合、使用者は要請に従うものとする。

● その他の使用に係る基準については、『クレジットカードのIC対応「見える化」等のための共通シンボルマーク・デザイン マニュアル』に従うものとする。

3.掲載データ

データ形式 IC対応・暗証番号の認知度向上
共通シンボルマーク
IC対応デザイン IC取引啓発デザイン
AI Illustrator CS1
Illustrator CS5
Illustrator CC
Illustrator CS6 -
PNG <4C> PNG(枠あり)  PNG(枠なし)
<1C> PNG(枠あり)  PNG(枠なし)
<4C> PNG
<1C> PNG
<4C> PNG
JPEG <4C> JPEG(枠あり) JPEG(枠なし)
<1C> JPEG(枠あり) JPEG(枠なし)
<4C> JPEG
<1C> JPEG
<4C> JPEG
PDF <4C> PDF
<1C> PDF
<4C> PDF
<1C> PDF
<4C> PDF

ページトップへ