検索

 

クレジットカードを貸して利用されてしまった。どうしたらよいか?

「クレジットカード会員規約」(カード発行時に渡されるクレジットカードを利用する際のルールが書かれた規約)には、カードを善良に管理する旨が定められています。
クレジットカードを他人(家族も含む)に貸して、借りた人がカードを利用した場合、その代金の支払いの請求を受けるのはカードを貸した人です。「クレジット会社から直接利用した人に請求してほしい」と主張しても、クレジット会社と利用した人との間には、契約関係がありません。支払いの請求は、クレジット会社と会員契約を結んでいる会員自身にきます。
なお、このようなことを繰り返していると、カードが利用できなくなります。カードの貸し借りはお金の問題だけでなく、大切な人間関係をも崩すことになりかねないので、絶対にやめましょう。

また、他人がする契約に、自分の名義を貸して契約させることを「名義貸し」といいます。個別方式のクレジットで、時折このようなことがあります。このような場合、名義を貸した人の契約になってしまい、支払いも名義を貸した人がすべてしなければなりません。けっして、名前を貸すだけのことだけではすみませんから、親しい間柄の人からの申し出であっても、きっぱりと断りましょう。
一方、自分が知らないうちに、自分の名義が利用されて契約されてしまうことを「名義冒用」といいます。この場合には、自分の契約でないことを主張することが必要です。

カードの管理責任について

クレジットカードを失くしてしまった。どうしたらよいか?

ページトップへ