検索

 

カードの利用明細に身に覚えのない金額が記載されているが、どうしたらよいか?

まず、クレジットカードを利用した時に受取ったお客様控え(売上伝票の控え)を確認しましょう。この控えには、自分がした契約(サインや暗証番号を入力して認めた契約)の内容が記されています。
控えの金額と利用明細の金額が違っていた場合には、クレジット会社(2者間契約の場合は販売会社)に連絡し、請求内容を訂正してもらうことができます。
一方、控えの金額と利用明細が同じだった場合、自分が認めた契約の請求ですから、その金額の支払いをしなければなりません。

このような時のために、控えは支払いが終了するまで保管しておくことが必要です。

利用明細の確認について

カードの利用明細に身に覚えのない金額が記載されているが、どうしたらよいか?

ページトップへ