検索

 

クレジット検定

意外と知らない 編

Q1

アルバイトをしている学生では
クレジットカードは申し込めない

正解!

違います!

一般的にクレジットカード申し込みの条件は「安定した収入があること」とされていることが多く、アルバイトをしていれば申し込むことができる

Q2

支払いを延滞して
クレジットカードを止められたら
違うカードを作ればいい

正解!

違います!

支払期日までに指定の口座に支払金額を用意しておくのはクレジットの基本。支払わなければサービスを止められるだけだなどと安易に考えてはいけない。というのも基本的に3ヶ月以上の延滞は5年間「個人信用情報機関」に登録されてしまう。つまりこの5年間は他のクレジット契約やローン、分割払いの契約が難しくなることもあるのだ。

Q3

クレジットカードの利用明細は
届いたら1〜2週間以内に
確認しないとダメ

正解!

違います!

金額や支払方式に間違いがないか、クレジットカードの利用明細が届いたらすぐに確認しなければいけない。クレジット会社によって多少異なるが、明細通知から1〜2週間以内に何かあれば連絡をする規約となっており、期限を過ぎると自動的に内容を認めたことになってしまう。明細と照らし合わせるために、カードの控え伝票は必ず保管しておこう。

Q4

自動車などの高額商品の購入は
もちろん
クレジットカードが
オススメ

正解!

違います!

自動車などの高額商品の場合、一般的にはクレジットカードは利用せず、都度クレジット会社の審査を受けて、商品をクレジットで購入する「個別クレジット」を利用する。想像しやすいのは、最近ではスマートフォンの購入時に、端末代金が何ヶ月かに分割された購入プランがあると思うが、まさにあれだ。

Q5

クレジットカードが親の同意なしに
作れるのは20歳から

正解!

違います!

20歳未満だと現在は、親(親権者)の同意が必要。ただし、まだ意外と知られていないのだが、2022年4月よりクレジットカードを親の同意なしに作れる年齢は、現在の20 歳から18 歳にまで引き下げられる。つまり、クレジットカードは学生により身近な存在になるのだ。 逆に言うと、だからこそ学生の時から正しい知識が必要になる。

Q201
Q202
Q203
Q204
Q205