検索

 

特定の決済代行業者からクレジットカード情報が流出した可能性があり、この情報を悪用したと思われる不正利用が発生しました。

 特定の決済代行業者(加盟店とカード会社の仲立ちをする会社)から平成29年1月頃クレジットカード情報が流出した可能性があり、この情報を悪用したと思われる不正利用が発生しました。

 当該決済代行業者については漏えいの有無等の調査を行いましたが、漏えいした蓋然性が高いものの、漏えいしたと断定できるまでに特定することはできませんでした。なお、この決済代行会社は、海外のカード会社との契約により、クレジットカードが利用できる環境を提供していました。
 流出した可能性があるクレジットカードをお持ちの方に対しては、カード会社からすでに通知を行い、対処をしております。
 そのほか、カード会社は、不正利用を防止するため監視を強化しています。

 クレジットカードをご利用の消費者の皆様におかれましては、利用明細は必ず確認し、覚えのない利用の記載があった場合は、クレジットカード裏面に記載されたカード会社へお問い合わせください。

「お願いとご注意」一覧へ戻る

ページトップへ